利用者が増加している銀行系カードローンの特徴について

銀行系カードローンは、社内の規定もないままに、過剰な融資が行われていることも少なくありません。銀行系カードローンの利用者は増加傾向にあり、サービスも加熱傾向にあるようです。金利の低さはこれまでにない状態ですので、そんな中での銀行としては、どの企業に融資を行えばいいかを的確に見極めることが大切になります。これまで、個人を対象としたローンサービスは消費者金融会社が中心となっていましたが、過払い請求や、グレーゾーン金利の見直しにより、情勢は変わりつつあります。消費者金融会社によっては、銀行に買収される形で、銀行の下におさまったというところもあります。企業をメインとし、個人向けの融資は、住宅ローンやカーローン、教育ローン等の目的があって担保もあり、所得証明を要求していた銀行でしたが、新たなジャンルの銀行系カードローンに手を出すようになりました。これまで、銀行で融資を受ける時には使用目的は限定されており、所得証明は必須でした。銀行系カードローンは、新たな顧客を捕まえてくると、人事でプラスの評価がつくとされています。営業マンは積極的に銀行系カードローンを宣伝し、1人でも多くの顧客を見出そうとするわけです。日本の消費者金融は総量規制の制限を受けますので年収の1/3が借り入れ金額の上限になっていますが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、配慮する必要はありません。規模の大きな銀行系カードローンは特に規定が設けられていませんので、まとまったお金を借りたい人は銀行系カードローンを利用しています。銀行系カードローンは、店頭だけでなく、ネット審査でも借りられるようになり、手軽さやネームバリューから、銀行系カードローンは、躍進を続けています。